肉棒の根元を握って

オナニーをしそうになった手を慌てて引っ込め そのほつれ目から、山崎の手が、和花のふくらはぎにそっと触れた。ため息ともつかない声が漏れる。ふふ、さ、どうする?ああ、いじわるっ。和花は、再び、自分から山崎の唇に重ねていく。そ …

Continue reading "肉棒の根元を握って"