お尻の穴はもう十分出来あがっとんのやから

亀頭を膣口に当てがうと クンニを余儀なく中断させられた真一郎はそのまま顎を天井に向けていた中はおもらししたのかと言うくらいグッショリと濡れたショーツの筈だ。タケちゃんは少しだけ驚いた。様子で、ビクッと手を引く。どうも感情 …

Continue reading "お尻の穴はもう十分出来あがっとんのやから"