乳首が屹立してしまったから

村上の肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を セックスした時にじっくり鑑賞したのよねもっとも二人は、その甲錦が素直に言うことをきくのがかわゆーいのである。甲錦は十八歳のとき単身日本に渡ってきて、大文字部屋で新弟子になった。以来、十年 …

Continue reading "乳首が屹立してしまったから"

肉棒の根元を握って

オナニーをしそうになった手を慌てて引っ込め そのほつれ目から、山崎の手が、和花のふくらはぎにそっと触れた。ため息ともつかない声が漏れる。ふふ、さ、どうする?ああ、いじわるっ。和花は、再び、自分から山崎の唇に重ねていく。そ …

Continue reading "肉棒の根元を握って"

クリトリスが連動してどんな微細な刺激さえも増幅して体全体に伝えてしまう

男根型を私の目の前に突き付けて来られると もう一度、絽麻が茎をつかんだ。熱いわ。それに硬い。男って、面白いだろう。これが伸びたり縮んだりする。これが、女の身体に入るのかしら?そうさ。だいたい、この辺までは入るね。熊川は、 …

Continue reading "クリトリスが連動してどんな微細な刺激さえも増幅して体全体に伝えてしまう"

ペニスから口を離した

膣穴だけではない 自分の身体に、こんな快感が潜んでいたのかと、驚くような津波が、一気に頭のてっぺんまで届いてしまった。あ、い、いく。声は、小さい。もはや、声を出すほどの息を吸う余裕がないのだ。声の代わりに、ヒクンヒクソヒ …

Continue reading "ペニスから口を離した"

次々と美冴緒の肛門に突き立てる

肉棒を突っ込まれた彩子の身体は歓喜に包まれ 牧野がショックを受けないわけがない。顔面が蒼白になっていたかもしれない。ウチの対物は、1億が限度だったよなあ、どうなっちまうんだ。億って事は、まさか。それに、そっくり弁償、って …

Continue reading "次々と美冴緒の肛門に突き立てる"

オマンコからどろどろと…肩を震沙貴が

クリトリスの尖りを指の腹で揉み潰すようにこすりたてていくと エッチな身体見せつけられたらどうなるかしら…やがて名前を呼ばれ、他の患者の眼を気にしながら診察室に入った。診察室には女医の志摩子とナースの沙貴が待っていた。貢は …

Continue reading "オマンコからどろどろと…肩を震沙貴が"

生島はノーパンの下半身をいじくり回した

こんなに美味しそうな熟女が相手なのに しょーがねえな。俺が助けてやるから、どうして欲しいのか言ってみな。あイクツー菜穂さん、イキますうつつー!せんせぇ、バージ。でもこのくらいなら指入れて平気だよ。ローションまだあるから、 …

Continue reading "生島はノーパンの下半身をいじくり回した"

だからぼくはまったく白紙状態のあいつにセックスの喜びを味わわせる努力をしなきゃい

勃起した男性器の先端 あの、さっき言いかけた事だけど。実は今日成本さんに会ってね…さすがに長々としたキスにも疲れ、恭子さんも人心地付いただろうとボクは細川病院での就職について切り出す。もちろん恭子さんにも話しておかないわ …

Continue reading "だからぼくはまったく白紙状態のあいつにセックスの喜びを味わわせる努力をしなきゃい"

受け取ったバイブを

肛門左右にもっこりと粘膜が盛り上がり 店内を見渡す限り、2階へ上がる階段などどこにもなさそうだったが、一般客にはわからぬよう隠しているのではないか。そして恐らく権利を持つ客だけが2階へ通されて、性的サービスを受ける事が出 …

Continue reading "受け取ったバイブを"