あの先生のチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れて……あの

妻とのセックスの二度目 香港チェクラップコック国際空港まで約四時間。一番でかい飛行機を借りてこい。と、三田村には言われたが、航空会社の方でジャポと呼ばれる最大旅客数をほこる飛行機のチャーターは断られ、ようやくトリプルセブ …

Continue reading "あの先生のチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れて……あの"

肉棒の根元を握って

オナニーをしそうになった手を慌てて引っ込め そのほつれ目から、山崎の手が、和花のふくらはぎにそっと触れた。ため息ともつかない声が漏れる。ふふ、さ、どうする?ああ、いじわるっ。和花は、再び、自分から山崎の唇に重ねていく。そ …

Continue reading "肉棒の根元を握って"

クリトリスが連動してどんな微細な刺激さえも増幅して体全体に伝えてしまう

男根型を私の目の前に突き付けて来られると もう一度、絽麻が茎をつかんだ。熱いわ。それに硬い。男って、面白いだろう。これが伸びたり縮んだりする。これが、女の身体に入るのかしら?そうさ。だいたい、この辺までは入るね。熊川は、 …

Continue reading "クリトリスが連動してどんな微細な刺激さえも増幅して体全体に伝えてしまう"

次々と美冴緒の肛門に突き立てる

肉棒を突っ込まれた彩子の身体は歓喜に包まれ 牧野がショックを受けないわけがない。顔面が蒼白になっていたかもしれない。ウチの対物は、1億が限度だったよなあ、どうなっちまうんだ。億って事は、まさか。それに、そっくり弁償、って …

Continue reading "次々と美冴緒の肛門に突き立てる"

だからぼくはまったく白紙状態のあいつにセックスの喜びを味わわせる努力をしなきゃい

勃起した男性器の先端 あの、さっき言いかけた事だけど。実は今日成本さんに会ってね…さすがに長々としたキスにも疲れ、恭子さんも人心地付いただろうとボクは細川病院での就職について切り出す。もちろん恭子さんにも話しておかないわ …

Continue reading "だからぼくはまったく白紙状態のあいつにセックスの喜びを味わわせる努力をしなきゃい"

男も射精が近いのを感じていた

射精され んんんん。もう秘裂同然だった。そして口と感応しあうように下の本来の性器からも淫液が湧き出る。出すぞ。ああーん。もう高坂が命じるまでもなく涼子は自分から口を開け舌を思い切り差し出した。精液が流し込まれ舌の上を伝っ …

Continue reading "男も射精が近いのを感じていた"

若菜の巨乳をすぐ近くで眺めることができた

セックスで試してみます ひとみちゃーん。あ、せんせ-い。俺はまたまた拍子抜けしてしまった。先生が来て下さったわよこんにちは!そう言ってニコニコしながらやって来たひとみちゃんは、いつもと変わらない明るく素直で、挨拶を良くす …

Continue reading "若菜の巨乳をすぐ近くで眺めることができた"

射精を受け止めながら

股間の昂ぶりを覚えていた 後ろ手の縄を解き、手首と足首を縛ります。うつ伏せに床につくようなかっこうになりました。長い頑丈なパイプをその手首と足首に通しました。支柱の縄を外し、金男とパイプを持ち上げるのです。金男がパイプを …

Continue reading "射精を受け止めながら"

ヴァギナから肉棒が抜かれていくのを感じました

やたらめったら誰とでもセックスできればいいと言うものでないのは ことが出来そうな空間が出来ていた。翔太はよほど周到に準備していたと見えて、手錠などのヤバい品物が入った大きな袋を投げて寄越し、制裁を加える人間を捕まえる担当 …

Continue reading "ヴァギナから肉棒が抜かれていくのを感じました"

藤江とのセックスでは声をン

ついさっき口中に射精したばかりだというのに なんて感心しながら愛華のいいねボタンとも言うべき乳首をチョチョッ男性経験は、大学生のときに勢いで軽くキスしたくらいだ。柳沢先生は典型的な勘違い男だわ。もう無理をして、いい顔をす …

Continue reading "藤江とのセックスでは声をン"