の甘くとろけるようなフェラチオ

視線を股間へと向ける引き裂かれたパンティがかろうじて覆っている下半身の眺めも煽情

あ、あの、クスリって…ひどい!女子高生の私が男の子の前で晒すにはあまりにも羞ずかしい、大恥をかかせるクスリだったことを悟った私は泣きたい気持ちでしたが、立ったまままるで身動きが取れず、下腹部をキリキリと襲う猛烈な排泄の欲求はあっと言う間に限界を超えそうになっていました。トイレに行かせてっ!お願いっ!今からじゃどうせ間に合わないっしょ。あくっつー!おいシャッターチャンスだぞ。撮影、撮影ジョーツと奔流のように溢れてしまったおしっこが、花柄パ。ツを濡らし内股をツーッと伝い落ちていき、さらに足元には水たまりまで出来ていきました。そこをパチパチとカメラのシャッターを切られては、あまりの羞恥で頭がクラクラしおかしくなってしまいそうです。
拘束を外すなど無理だと再認識させられるばかりで
下着を見せるなんて

  • 大木のペニスは女性がひとめ見るだけでぞくぞくしてしすぐに彼女は大木のものをしゃぶ
  • 彼は華子の股間に顔を埋めた
  • チンポで奉仕させるわ

奴隷メイドとなった私ですが

ああ…死んでしまいたい。ツが黄色くなっちまいましたね。顔は色っぽいや。それにしても、お姉ちゃんの泣き。ははは、気の強い女を素直にするにはコレが一番よ。ぼ、僕、おしっこ、-、パ。ツが、ほ、欲しい。おうタクロウ。おめえにやるから、ビチョビチョパンツを脱がしちまいな!興奮して鼻息の荒いタクロウが、とうとう汚れたパ。

下着を見せるなんて

仁美さんの乳首が堅いっ

ツをずり下ろして行くと、その冷たい布地が露出した脚を濡らすたまらない感触が、私の恥辱をますます煽ります。お、お姉ちゃんの、お、おしっこ、ば、パンツ、いい、においタクロウが、私の小水まみれの花柄ショーツを目の前で広げてクン。匂っていました。お姉ちゃん、ボウボウっすね…。イヤっしシソジが背後から私のミニスカを完全にどけ、露出したノーパンの股間に手を伸ばして来ました。マサト。おまんこの接写を頼むぜ。うぃーっす。
痴漢が神業ともいえる手さばきで

一番感じたバールはすぐに私のオマンコの筋になじみ

うわ、スゲー、お尻の方まで毛が生えてるっすよ。お姉ちゃん、今度俺らがキレイに処理してあげるっす。お、なーんかエロい声っすね。マサト、ココがクリちゃんだ。撮影しろよ。マサトがケイタイを至近距離に近付けてシャッターを押すと、私は凄まじい羞恥と興奮に包まれてもう生きた心地もしないほどでしたが、あり得ないようなイケない気持ちが芽生えていたのです。その実--ああ、コレが私の一番感じちゃうえっちなクリちゃんよ!見て見てぇっだからエッチの。

股間に飛んできたのだ

ココはさ、男のチンポと一緒で普段皮を被ってるんだ。時はこうやって皮をムキムキしてやる。スゲーっす!激しい運動の直後みたいに大興奮のマサトの荒い息使いを感じると、私のイケないオマメがムクムクとどんどん固く大きくなってしまうのがわかりました。ナメてもいいっすか?ちょっと待て。お姉ちゃんにくせを付けてやるのに、ムキムキ体操して撮影しろ。こんなえっちなテクがあるんだ。やるから、一緒に数を数えるんだ。
乳首に当てた吸盤よりも不気味な感触だ

アヌスと膣の粘膜がすっかり見えるようなポーズを要求し
アヌスと膣の粘膜がすっかり見えるようなポーズを要求し

男根の根本から鈴口まできれいになると

いーち、にーい…--こ、うああ、た、たまらない…。ほ、ホン。におかしくなっちゃう、ああ、もう、もうっクリちゃんの。ムキムキ体操。はカルチャーショックを覚える程、刺激的で嫌らしい行為でした。シンジがゆっくり数を数えるのに合わせてズルと包皮が剥かれるのですが、その部分がそういう構造になっていることすら、体の持ち主である私は知らなかったのです。もちろんその付近にとても気持ち良くなるしこりのような塊が存在するのはわかっていました。