生島はノーパンの下半身をいじくり回した

こんなに美味しそうな熟女が相手なのに

しょーがねえな。俺が助けてやるから、どうして欲しいのか言ってみな。あイクツー菜穂さん、イキますうつつー!せんせぇ、バージ。でもこのくらいなら指入れて平気だよ。ローションまだあるから、もっとヌリヌリ菜穂さんはクリを摘まんだまま、もう片手の指を少し女の子の唇の中に含ませて、浅瀬をクチュクチュとかきまぜるように薬を塗って来ます。私は、ああ、これが指入れオナニーなんだと納得し、ショーツの上から触れて楽しんでた自分のオナニーが子供だましに思える程の素晴らしい快感で絶頂を口走りました。そしていつの間にか背中の方にやって来ていた町田先生に訴えます。
射精を果たし
自らの股間に当てた指を

  • お尻をあげてくれればいいのよ
  • バイブレータで同様のカラダの条件付け
  • クリトリスが

それぞれの奴隷の鎖を引き

む、胸を揉んで下さい。忙しいやつだな。ドスケベビッチのくせに、そんなお上品な言い方してんじゃねえぞ!こう言ってみな。私は胸の潰れるような屈辱感を覚えながら、町田先生が小声で言った言葉を口にしました。す、スケベな千寿の、オッパイを、揉んで下さい。揉んで下さいじゃねえだろ!モミモミして!オッパイをモミモミして!早くう!よしよし、モミモミしてやろう。はおおんっっいぐぅぅっっ町田先生が背中から回した両手で意外にも優しく乳房を揉みしだいて来ると、股間の薬塗布の快感と相まってたちまち私は浅ましく絶頂を張り上げていました。

自らの股間に当てた指を

愛し合ってセックスしてたんですよ

そして町田先生が面倒臭そうに手を離すと、私は信じられないおねだりを自分の意志で口にしてしまいます。イヤッ!やめないで。だいぶ素直なイイ子になって来たじゃねえか。ああっ!ち、乳首もモミモミして…うふうんっ!イイッ!千寿せんせえもホントはエッチだったんですね。それはやっぱり薬のせいだったと思いますが、私はしだいに見境の付かないエッチな女の子に変わっていきました。
あの先生のチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れて……あの

股間にも刺激的な縄目を味わって貰う事になる

どんどん派手に極めてはオシッコを吹きこぼしていきます。でも菜穂さんの指がアソコから抜かれて、あらぬ箇所に伸びると困ってしまいました。せんせぇ、力を抜いて下さい。オシリノアナにもたっぷり塗らないと薬が余っちやうんです。ごめんなさい。あぁああっ!痛くないですか。大丈夫よっ!あ、怖いわ、菜穂さん。せんせぇが楽に呑み込めるように、クリちゃん気持ち良くしてあげます。

尻をくねらせながら同じようにハ口中を陰茎にぶち当てる

大したもんだな菜穂。オメエ、風俗に就職しろよ。菜穂さんの指がお尻の穴に入ろうとすると拒絶感が働いて入り口を固めてしまいましたが、何度もイカされて夢見心地の私は、素直に力を緩めました。町田先生に対する嫌悪感は消えませんが、菜穂さんには心の抵抗もまるでなく、なすがままだったのです。そして彼女の細指が汚い排泄器官にジワジワと入り込んで来ると、痛みはなくむしろゾゾッと覚えてしまった快感で狼狽してしまいました。ハッと気が付けばかなり奥まで指が入り込んでおり、私はさすがに恐怖を口にします。
フェラテクは一向にうまくならないが

下着も脱ぐんだ
下着も脱ぐんだ

光太郎へのフェラなら

でも菜穂さんが剥き身のクリトリスを摘まんだ指を微妙に慄わせて刺激を強めて来ると、果ててしまいそうな快感と共に尻穴の力が解除されて、とうとう菜穂さんの人差し指が第一関節まで恥ずかしい穴に埋まってしまったのです。その指がグルグルと回って薬を塗り込めて来ると、これは現実の事なのか、悪い夢なのではないかと、不思議な気持ちになりました。でも私はその時ハッキリとお尻の穴まで強い快感を覚えて慄然としてしまいました。とうとう、あの薬を尻穴の中まで塗られちゃったんだ。私、どうなっちやうんだろう…。オラッ!しゃぶれ。