ペニスの先を凝視しているので恐くなる

オナニーをしよう

愛してると言え!オレの女になると言うんだ、ほれ、ほれ、本当のことを言うまで、出してやらんぞ。ああ、せ、せんせい、あう、だけど、あう、もう、こ、壊れてしまって、あうあう。和花は、わけがわからない。白い閃光が頭の中でスパークし続けている。何も考えられな力1·六。ああ、だめ、もう、出してもらわないと。あの、熱いモノを子宮の奥に、いただかないと、あ、どうすればえ~。愛してると、愛してると言えば…。ほれ、ほれ、ほれ、どうだ、愛してると言え、愛してる男の命をくださいと言え。
ペニスから口を離した
奴隷メイドとして過ごす事に歓びを覚えるようになって来たのは

  • 熟女の裸身が揺れ
  • お尻の方もお指で触らせていた
  • やはり下着を着けていない尻を彼にこすりつけていた

調教してやるからな

だ、だめ、あう。あそれでも、溶けかかった脳の奥底で、夫の顔がチラリと浮かぶ。しかし、激しい快感の波頭が、そのうっすらとした残像すら、吹き飛ばしてしまう。今の和花の頭にあるのは、この激しい嵐に終止符を打つ。愛する男の精子。だけだったのだ。ああ、あい、あいし…。それでも、和花は、一瞬、立ち止まろうとしたのだ。

奴隷メイドとして過ごす事に歓びを覚えるようになって来たのは

お尻を高く突き出したみじめな四つんばいで

しかし、グッと、持ち上げ落とし込まれた瞬間、山崎の20センチ砲は、和花の子宮口を、グニュリと広げたのだ。ヒクヒクヒクと、断末魔のオーガズムが、和花の心にとどめを刺す。ああ、このまま、注ぎ込んで。熱い精子を、和花のオンナが求めてしまった。もはや、引き返せすことなど思いも寄らぬ。このまま出してもらうためならば、和花は、全てを投げ打つしかないのだ。ああ、あ、あい。今までとはわけが違うのだと、か細く消えかけた理性が囁いていた。
の甘くとろけるようなフェラチオ

乳首を思い切りひねり上げる

和花は、自らの意志で、心まで男に預けようとしているのだ。それこそは、夫への、本当の裏切りになってしまう。リクツは抜きにして、和花の心は、愛する夫がいるのに、違う男へ。を誓うということに悲鳴を上げていた。ああーいくうう!しかし、もはや心はポッキリと折れてしまったのだ。トドメのようなオーガズムに仰け反った後、和花の唇は、動き出そうとしていた。

度射精したあとだというのに

脱出強烈なオーガズムに、何度も押し上げられた和花にとって、最後のトドメが必要なのだ。激しい快楽の営みの果てに、とどめを刺してくれるものは、男の精子しかない。それは、男を愛して、初めて注ぎ込まれるのだ。それでも、雀の涙ばかりに残った理性をかき集めて、和花はなんとかこらえようとした。身体は、しかたないけど。愛してるだなんて言ってしまえば。ああ、だけど、この人、悪人だ。
まさにこれがセックスというものなのだ

拘束された白い裸身を堂々と見てやっていた
拘束された白い裸身を堂々と見てやっていた

股間は頑丈な貞操帯で手の施しようがないため

とは思えないし、優しいし、私を大事にしてくれるし…子宮が。と悲鳴を上げて、とうとう、ほんのわずかばかりに残っていた理性が、屈服しようとしていた。和花は、ダメな理由ではなく、屈服するべき理由を、いつしか心の中に求めてしまったのだ。子宮口をヌルリと、長大な山崎の亀頭が蹂躙する。けて、それに応えてしまう。ああ、こ、このまま、欲しい。ビクンビクンと牝芯が男根全体を締め付身体の奥に、熱いしわぶきが心から欲しくてたまらない。