藤江とのセックスでは声をン

ついさっき口中に射精したばかりだというのに

なんて感心しながら愛華のいいねボタンとも言うべき乳首をチョチョッ男性経験は、大学生のときに勢いで軽くキスしたくらいだ。柳沢先生は典型的な勘違い男だわ。もう無理をして、いい顔をするのはやめてやるわ。失礼します。すばやく回れ右をすると、歩幅を大きくして職員室を出た。喜四郎の蛙じみた眼が、獲物の蝶を追うように動いた。理紗は学園の正門を出ると、無意識に速足で十分ほど歩き、駅で電車に乗った。

子宮が熱くなって

通学のために、毎日使っている路線だ。樫山学園前自動車の免許は持っているが、住んでいるションが牧坂という駅に近いので、自動車は持っていない。平日の朝こそ樫山学園の生徒たちで満員になるが、それ以外の時間はたいていすいていた。沿線に有名な観光地やアミューズメント施設は存在しないので、日曜祭日は簡単に座席に腰を下ろせる。しかし今は、車両が揺れるたびに、理紗は前後左右から身体のあちこちを押された。車両内は隙間なく人で埋まり、ほとんど身動きができない状。静香 教え子がマンコを濡らしてお待ちかねだ

ペニスの強烈な

次はおまえのマンコに入れてやるどうして、日曜日なのに、こんなに人が多いのかしら?理紗は首をかしげよぅとしたが、それすらも遠慮してしまうほど車両内は混雑している。いつの間にか両腕の肘を曲げて、胸の前で左手の甲に右の掌を押し当てて、祈るようなポーズで押し固められた。これでは朝の通学時間みたいだわ。今日にかぎっては、日曜日の昼前だというのに、駅に停まるごとに次々と人が入ってきて、車両内の隙間を埋めていく。理紗の周囲も男たちの壁ができていた。沿線のどこかで、なにかのイベントがあるのかしら。

アソコやおっぱいより

いろいろエッチなことをして楽しんだのは
でも、乗客に統一感はないみたいだけど。目に入るのは、サラリーマンぽい暗色のスーツや、若者らしいカラフルなシャツの背中だ。女や子供の姿は視界に入らない。全員が大人の男という共通点以外はバラバラで、ライブや政治集会があるわけでもなさそうだ。原因不明のラッシュアワーに放りこまれて、理紗は少々いらついている。自分に気づいた。これから自分の生徒に会いに行くというのに、こんな気分ではいけないわね。理紗は周囲の人の壁に対する意識を、自分の内側に向けようと努める。
膣壁を押し広げる感触に美穂はこの上ない喜びを感じ

オマンコして頂きます

脳裏に、職員室で見た携帯電話の映像を浮かべた。頭の中に、桐野泉美が立つキッチンが描かれる。携帯の画面で小さく切り取られた映像だけではなく、以前に桐野家を訪れたときに目にしたキッチンの全体像が広がる。泉美の料理好きの母親の要望に応えて設計された、広くて、清潔で、おしゃれで、機能的なキッチンだ。資産家の桐野家の大きな屋敷だからこそできたもので、理紗のマンションでは絶対に不可能だった。

芙蓉子は処女ではない

乳首の感覚を私が目覚めさせてあげましょう……
理紗から見れば夢のキッチンの中で、白いエプロ。をつけた泉美の明る。い笑顔が輝いている。満員電車の不快感を柔らかく癒やしてくれるイメージだ。同じ笑顔を、泉美は教室でも理紗へ向けてくる。その意味も、理紗は理解していた。理紗自身も高校生のころに、あこがれの女教師に同じ笑顔を向けた。今の泉美と同じ視線で、その先生を毎日見つめていた。