ヴァギナから肉棒が抜かれていくのを感じました

やたらめったら誰とでもセックスできればいいと言うものでないのは

ことが出来そうな空間が出来ていた。翔太はよほど周到に準備していたと見えて、手錠などのヤバい品物が入った大きな袋を投げて寄越し、制裁を加える人間を捕まえる担当者まで読み上げた。エロ娘文江ちゃんを担当するのは男ばかり5人。どうやら女子を担当するのは男子、という魂胆のようだ。文江も泣きじゃくっていた。が、男5人に抱えられて大人しく床に横になり、背中で手錠を掛けられてしんごの担当はやはり女子ばかりだった。佐藤香奈子山岡正人…。当然ながら名前が呼ばれ、俺は観念して大人しく8人の女の子たちの手で床に寝かされる。

射精が果たせない


クリトリスを晒し

>クリトリスに触れた瞬間そして自ら背中に回した両手にガチャリと本格的な鉄製の手錠が掛けられると、その冷たい感触に俺はこれが悪夢ではなく現実に起こっていることなのだと痛感させられる気分だった。ゲッ!マジかよ翔太が制裁を加える5人目の悪いやつは、何とアッコだった。…ごめんね、ごめんね、今宮君…俺の隣に寝かされた先生は、泣きじゃくりながら翔太への謝罪を口から洩らす。だが静寂の中耳に入るに違いない先生の懺悔にも、翔太が心を動かされることはないだろう。何を今さら、とでも思っているに違いない。翔太の手先と化した5人の男子生徒が先生の体を俺の隣に寝かせると、ガチャリ、と冷たい手錠の金属音を鳴らした。


お尻の穴を音を立てて

セックスの間中

尻穴に淫液を塗りたくるとグイと広げて見せたアシを広げさせて人の字に縛り。服を全部脱がせて裸にしろ。それから、付けるんだ。机の足を使うといい。いや…。やめて…。文江と香奈子がそう口にすると、翔太は怒鳴りつけて天井に発砲した。うるさいつつ再び教室中に女子の悲鳴が響き渡り、どうしようもなくなった俺たちは余計なことをしゃべるなっつー!異性のクラスメイトの手で生まれたままの姿に衣服を剥ぎ取られてしまい両肢を開いて机の足に手錠を掛けられたのだった。バイブによる絶頂はもう言葉にならない素晴らしさで白い下着の眉美もそれにならった満月を思わせるまるい尻が眉美りんごを思わせるやや硬そこへ翔太が拳銃を手にのっそりとやって来る。皆で一斉に飛び掛かれば取り押さえられそうだったが、恐怖で竦み上がった俺たちにそんな蛮勇をふることが出来るはずもなかった。銃を捨てるようにと翔太に呼その時教室の外から拡声器の大きな声が、びかけて来た。--警察だ。だが、助かった、という安堵はヌカ喜びだった。翔太は銃を捨てるどころか、大胆にも声の掛かったドアに向けて発砲して答えたのだ。


少々エッチですけどね特にウチのはおいおい

翔太が自身の将来も捨て犯罪行為に手を染めてまで、クラスのいじめに報復しようと強い覚悟を決めていることがわかり、教室内には崖っぷちに立たされた。ような絶望感がますます色濃く漂い始めた。その後も翔太は警察の呼び掛けに一歩も譲らず、人質にとった俺たちの殺傷をほのめかせながら、時折発砲して女生徒たちの恐怖の悲鳴を聞かせたが、人の字に拘束された俺は次第に絶望感に打ちひしがれながらこんなことを考えていた。こいつ、いつからこんなことを計画してやがったんだ。拳銃や大量の手錠、そしてあっと言う間にクラスを制圧し立てこもって、俺たち5人に。を加える準備を整えてしまった見事な手管。どれをとっても頭の切れる翔太が、時間を掛け万全の計画を練ってから実行に移したとしか考えられなかった。

陰になった股間に

ピストンの合間の要所でムチを使う高校に入学して5月の連休明けくらいから、俺たちのいじめは始まっていた。慣れない人間関係や進学校のプレッシャーで、皆いわゆる5月病。に掛かろうとしていた頃だ。そんな時、成績は良いが人付き合いが出来ず、おまけに気弱で何をされても無抵抗な翔太は、俺たちのストレスのはけ口として絶好の獲物だったのだ。何度でも言おう。実際に手を下した。のは今床に転がされている俺たち数名のいじめグループだが、無関心を装いシカトを決め込んでいた連中だって、無意識に翔太をスケープゴートにしていじめを楽しんでいたに違いないのだ。だから全員同罪だ。それから夏休みを挟んで今は9月。