乳首に走る電気から男の背中に乗ったまま腰がつい動いてしまう

くっきりと逆ハート型を描いた尻と一緒に

ところが大人しい良美はそれを誰にも言えず、その後も田島に付け回されて、セックスの相手をさせられていたらしい。どM。だと話す良美らしい話だ。深沢君、ごめんね、ごめんね…私の手を濡れまみれたパ。ツに押し当てながらそう繰り返す良美の口調は、数学がわからないでベソをかき私に謝っていた昔の彼女のままで、高校時代の記憶がオーバーラップした私は、いつになく彼女を抱いてやりた。いという強い衝動を覚えていた。田島なんて関係ない。今は私の愛する。の良美なのだ。ねえ、おわびに、私にご奉仕させて。良美はそう言って立ち上がると、私を逆に椅子に座らせ、ズボンのファスナーを下ろし始めた。

隣にきれいな人妻がいるからだよ


ピンポイントで狙われたクリトリスは火照って立ち上がり

>アソコを押さえて腰を揉んでモジモジして見せていましたお、おい、良美さすがに窓の外でチラホラ見える子供たちが気になり、私はしどろもどろになったが、彼女のやりたいように身を任せてやった。良美が優しい手付きで取り出したペニスは、この所彼女とのセックスでは経験出来なかった力強い脈動を示していた。あなた、嬉しい…愛する良美が目に涙を浮かべながらゆっくりとペニスを口に含んでくれると、私の興奮は極に達したが、彼女がウットリと目をつむり幸せそうな表情を浮かべながら、わざとかも知れないがこう言ったのには参ってしまった。田島君…。私はそこで乱暴に良美を突き放すと。何が田島だよ!と吐き捨てるように言った。あなた、ごめんなさい!どうか私を罰して!こんな私にきついお仕置きを下さい!


ペニスの前に顔を突き出してきた

アナルに押し込んでみた

ピアスごと乳首を交互に口に含みと泣きながら懇願する良美を教室の床に押し倒すと、劣情に膨れ上がったペニスで彼女を乱暴に貫いていったのである。良美は、泣き声だかよがり声だかわからない大声を上げながら私をしっかりと迎え入れ、私たちは新婚当初にもなかったような激しいセックスに突入していた。なぜ良美がこの時、田島の名前を口にしたのかわからないが、私には彼女を責める気持ちはさらさらない。なぜなら私も、荒々しく良美を犯しながら、なぜだか真弓ちゃんを思い浮かべ犯しているような気になっていたからである。被虐の血今日も通学のためギュウギュウ詰めの満員電車に乗り込んだ私は、校則違反の大胆なミニスカのお尻に誰かの手が軽く触れたのを感じて、思わずゾクッとしてしまいました。射精が始まってしまったのがわかったバイブを抜いて下さったのだがこんな立錐の余地もない状態ですから偶然当たったのかも知れないと思いましたが、その手はさらにもう一度お触りして来たのです。間違いありません。痴漢です。私はミニスカのセーラー服だし、色白で大人しく見えるせいかしょっちゅう痴漢の標的にされてしまうんです。でも今朝は久しぶりの痴漢との遭遇でした。痴漢の手は私が何もしないのをいいことに、今度ははっきりとお尻に手を置き嫌らしく撫で回して来ました。だって片手で吊革につかまり、もう片手は通学鞄を下げているのですから、気の弱い私には逃げようがないのです。もちろん大きな声を出すなんて、羞ずかしくてとても出来ません。


一気に動きを速めると妻の中をオーガズムの波が駆け抜けようとします

こんな時気の強い子なら相手をきつく睨み付けたりするんでしょうけど、私はドキドキしながら弱々しく後ろに目線をやって、どんな人が触っているのか確かめるだけでした。その人は暑い夏だと言うのにスーツを着込んだ、まだ若いサラリーマン風の男性でした。そしらぬ表情の顔は全然違う所を見ながら、手だけは堂々と私の大き過ぎて羞ずかしいお尻を撫で回しています。きっと慣れた痴漢なのでしょう。その手はどんどん遠慮がなくなって、私は次第に妙な気分になって来てしまいました。え、う、嘘お私が大人しくて痴漢されるがままに許してしまう女の子だと思ったのでしょう。

ペニスに優しく手を添えてゆっくりしごいて下さると

はぁ わたしにもチンポくださいお尻をゆっくり撫で回していたスーツ男性のえっちな手がとんでもない動きを見せたので、私は心の中で悲鳴を上げました。何と2本の指が私のお尻の溝に強く押し当てられて、スウッとなぞり上げ来たのです。スカートやショーツ越しとは言え、私はズキンとイケない甘い感触に突き上げられて困ってしまいました。この痴漢は、私がアナルがとても良く感じてしまう、羞ずかしい性癖の持ち主であることを知っているのでしょうか。私はいつの間にか熱いくらい物凄く真っ赤になってしまった顔を俯かせ、イヤですと言うつもりでおそるおそる振り返って痴漢の方を伺います。