美津子は身体を揺すってから硬直したペニスに手を絡めて握り締めた

自分の父親ぐらいの年齢の老人に乳首を吸われ のどか。ぷち自分が失ってしまったモノが、どれだけ大切なのか。牧野は、腹の底をドロドロの手でかき回されているような痛みを感じながら、膝を抱えて耐え続けていた。妻のいない、たった一 …

Continue reading "美津子は身体を揺すってから硬直したペニスに手を絡めて握り締めた"

オナニーがくせになってしまった今の私には

下着に押されて辛かっ 股間に当てられていたそしてもう片方の乳首も同様に触れられると、全身がおこりに掛かったように激しく慄え、ジュクッ、ジュクッと股間から間欠泉のように淫液を吹き出すのがわかります。軽く乳首に触れられただけ …

Continue reading "オナニーがくせになってしまった今の私には"

下半身に伸ばしてきた

ご主人さまの奴隷になることを誓わされたから 学校のトイレの中で、とても美しい恭子先生のオシッコまみれのアソコに顔を埋めながら、私は幸せを感じていました。間近に迫った二00二年四月の風俗営業法の改正、いわゆるテレクラ規制法 …

Continue reading "下半身に伸ばしてきた"

秋穂の体にザーメンをまき散らした

拘束は手早くてすぐに身動きが取れなくなり 店側は漏水問題の処置をめぐって岩井が冷遇されたことから毎年盆と暮れには岩井のもとに挨拶に来た。水道局から出たことのない経理課職員の定年後の勤め先がなく、どうしたものかと思案してい …

Continue reading "秋穂の体にザーメンをまき散らした"

乳首に当てた吸盤よりも不気味な感触だ

射精していないのに 途中から腰を動かすだけで1分も保たず気をやりそうになっていたから、麻里が弁当を買っていた十分間あまりは決して短い時間ではなかっただろう。ホンマに嫌かどうか、ホレ。ありさちゃんのカラダに聞いてみたろやな …

Continue reading "乳首に当てた吸盤よりも不気味な感触だ"

の甘くとろけるようなフェラチオ

視線を股間へと向ける引き裂かれたパンティがかろうじて覆っている下半身の眺めも煽情 あ、あの、クスリって…ひどい!女子高生の私が男の子の前で晒すにはあまりにも羞ずかしい、大恥をかかせるクスリだったことを悟った私は泣きたい気 …

Continue reading "の甘くとろけるようなフェラチオ"

愛華の両方の乳首を指でつまみ

亀頭が 高原は、さやかに同情的な言い方をした。マッチョとは男くさいという意味のスペイン語である。ただ、心配なのは、腟靡爛は癖になることだ。あの、彼とセックスすると、またJ。そう、赤むけになる心配がある。そのうちに、女性が …

Continue reading "愛華の両方の乳首を指でつまみ"

肉棒を指でつままれ

それは単に調教などという言葉で説明できないほど凄絶で それは初診のとき貢が尿道に注入された催淫剤だった。沙貴は期待する笑顔を見せて、棚から出したカテーテルを注射器の嘴管につなげた。あっ、また、それするのぉ?貢はそれを見て …

Continue reading "肉棒を指でつままれ"

フェラテクは一向にうまくならないが

オナニーして見せ 志摩子は前立腺刺激で射精させるわけでもなく、単に美少年を性的にいじめたいからアナルに指を挿入したに過ぎない。だが、肉棒が今、万里の強く締まるオマンコの中で脈動したとき、アナルを悪女医の指で犯された。こと …

Continue reading "フェラテクは一向にうまくならないが"