膣から抜けていくと

は目の前にあるペニスに顔を押しつけ わたしがほかの男性とセックスするところを見せてくれ母娘ふたりとも吊られているだけで相当な肉体的負担であろうが、これからふたり合わせて千発もの鞭を受けるのである。それを考えたらやろうとし …

Continue reading "膣から抜けていくと"

乳首が屹立してしまったから

村上の肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を セックスした時にじっくり鑑賞したのよねもっとも二人は、その甲錦が素直に言うことをきくのがかわゆーいのである。甲錦は十八歳のとき単身日本に渡ってきて、大文字部屋で新弟子になった。以来、十年 …

Continue reading "乳首が屹立してしまったから"

いまだ精液の滴るペニスを

びっくりしている晃一の股間に屹立している若々しい男根の 高坂が涼子の動きにあわせて腰を打ちつけていくと、ネッチリと男性器にまとわりついた陰唇がジュブリジュブリと卑猥な音を立てる。トイレ中に響き渡るその音を聞いてますます興 …

Continue reading "いまだ精液の滴るペニスを"

あの先生のチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れて……あの

妻とのセックスの二度目 香港チェクラップコック国際空港まで約四時間。一番でかい飛行機を借りてこい。と、三田村には言われたが、航空会社の方でジャポと呼ばれる最大旅客数をほこる飛行機のチャーターは断られ、ようやくトリプルセブ …

Continue reading "あの先生のチンポをわたしのスケベマンコのなかに入れて……あの"

肉棒の根元を握って

オナニーをしそうになった手を慌てて引っ込め そのほつれ目から、山崎の手が、和花のふくらはぎにそっと触れた。ため息ともつかない声が漏れる。ふふ、さ、どうする?ああ、いじわるっ。和花は、再び、自分から山崎の唇に重ねていく。そ …

Continue reading "肉棒の根元を握って"