秋穂の体にザーメンをまき散らした

拘束は手早くてすぐに身動きが取れなくなり 店側は漏水問題の処置をめぐって岩井が冷遇されたことから毎年盆と暮れには岩井のもとに挨拶に来た。水道局から出たことのない経理課職員の定年後の勤め先がなく、どうしたものかと思案してい …

Continue reading "秋穂の体にザーメンをまき散らした"

受け取ったバイブを

肛門左右にもっこりと粘膜が盛り上がり 店内を見渡す限り、2階へ上がる階段などどこにもなさそうだったが、一般客にはわからぬよう隠しているのではないか。そして恐らく権利を持つ客だけが2階へ通されて、性的サービスを受ける事が出 …

Continue reading "受け取ったバイブを"

男も射精が近いのを感じていた

射精され んんんん。もう秘裂同然だった。そして口と感応しあうように下の本来の性器からも淫液が湧き出る。出すぞ。ああーん。もう高坂が命じるまでもなく涼子は自分から口を開け舌を思い切り差し出した。精液が流し込まれ舌の上を伝っ …

Continue reading "男も射精が近いのを感じていた"

お尻の穴はもう十分出来あがっとんのやから

亀頭を膣口に当てがうと クンニを余儀なく中断させられた真一郎はそのまま顎を天井に向けていた中はおもらししたのかと言うくらいグッショリと濡れたショーツの筈だ。タケちゃんは少しだけ驚いた。様子で、ビクッと手を引く。どうも感情 …

Continue reading "お尻の穴はもう十分出来あがっとんのやから"